第1話 《from ラブイズ》1

私の名前はラブイズ・ハルトス26歳。
これから私と私の妻の闘病期をこのブログに綴っていこうと思う。

誰かの役に立てれば幸いだ。

—————————————————

「この病気になったら離婚率は90%です。」

頭の中で霞みが掛かる。
いや、もうずっとそんな状態が続いていた。

病院の医師に、
「もう離婚をしようと思う」
と相談した直後の言葉だ。

物凄い速さのスーパーカウンターだった。

しばし私が呆然としていると、その医師は静かに口を開いた。

「…ご主人さんの気持ちもわかります。でも、あと10年も経てば奥さんもだいぶ良くなりますから。
逆に10年経って良くなった時、ご主人さんもいない、子供たちもいないとなったら、
奥さんはその時、本当にダメになりますよ。」

……

………

…………

……………

……病める時も、健やかなる時も。

貧しい時も、富める時も。

汝これを
守り
慈しみ
愛し続ける事を誓いますか?

イエスに誓ったあの時の言葉が頭に鳴り響き、胸を締め付ける。

…きっと妻も、私が病気になったら一所懸命面倒見てくれただろう…

そう感じた。

そしてそう思ったら自然と涙が溢れ落ちた。

妻は精神病。

境界性人格障害というらしい。

暴力、暴言を言われ

夜遊びをして、娘を睨む。

少しずつ汚れていく我が家。

夜中まで怒られている3才の娘。

こっちが病気になりそうだった。

…だけど、その時から私は一生彼女と一緒にいようと決めた。

それが25才の時だ。

from ラブイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    love is というと河村隆一さんを思い出しますねえ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。