第26話 《from ラブイズ》26

金銭感覚の麻痺が起こりやすいそうだ。

キキョウは幸い、金遣いは荒く無かったが病院の友人の話を聞くとゾッとした。

ブランド買い漁り、
外食をしまくる。
ギャンブルにハマり、
酒に溺れる。
…等々。

結局、自分の収入以上の浪費癖を持つ事も多いそうだ。
逆にキキョウはお金に変な執着があり、毎日つける自分の家計簿が一円でも合わないと何時間でも計算し続けた。

掃除も、とにかく整理整頓が気になるらしく、定物定地に定まっていないと、どんな小さなおもちゃでも何時間でも探し続けた。
『物が無くなる=自分が捨てられる』
と感じてしまうそうだ。

あまり酷くなると、心因反応(精神的ストレス等によって起こる身体的反応)が起こり過呼吸、痙攣などを引き起こす。

「お母さん!行かないで!お母さん!お母さん!」
と叫び続ける事もあった。
キキョウの母親も体調があまり良くはなく、彼女が幼い頃からしょっちゅう入院をし、その度に少し離れた親戚に預けられたそうだ。

その姿を見る度に、アイハには淋しい想いをさせられないと心に刻んだ。
そして、キキョウの背中を撫で続けた。

「…もう大丈夫だから安心して」

むせび泣くキキョウを撫でながら、たまに涙が溢れる時があった。

この子は幼い頃のその小さな心を傷つけ痛め続けてきたんだな…

そう思うと胸が切なくなった。
from ラブイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。