第145話 《from アイハ》3

『from アイハ』

『ママ
お仕事お疲れ様

風邪ひいてない?

パパね、まだなんかダルいみたい。

当たり前だよねー。
6年も寝てたんだしねー。

逆によく日本まで来たわ。

ムチャな男だよ。

嫌いじゃないけどね!

今日はパパ、朝から博士とたくさんお話ししてたよ。
聞いた?

パパ寝ちゃったから明日パパから電話させるね。

ママ

元気?
寂しくない?
私帰った方がいい?

電話やメールだと、なかなか気持ちが伝えられない。

パパはね。
なんか一日中寝てる。
さなぎみたくなってる。

ブシおじいちゃんは忙しそうにしてる。

ママ昨日のメールでママも毎日お菓子買ってもらったけど、ほんとはそばにいて欲しかったってあったけど、私も小さかった時からパパいなかったから、少し気持ちわかった。

けど私はママがいたから良かった。
寂しくなかった。
感謝してる。
ありがとうママ。

今日ね、パパとも色々話したんだ。

具合悪そうだったから、休み休みだけど。

パパね。

ママにまだ会わす顔がないって言ってた。

相変わらず行動むちゃくちゃだしね。

でもね、
パパ変わったと思うよ。

なんかね、私達のこと、考えてくれてるように思う。

いや、行動はむちゃくちゃなんだけどね。

博士のおじいちゃんとも話したんだけど、マシンの解析は進んでいて、パパが何を考えていたのかわかるようになってきたって。
まだまだ時間は掛かるみたいだけど。

パパをゆっくり休ませてあげてって言ってた。

ブシおじいちゃんは何も変わらないみたいに生活してるよ。
まるで私達がずっといたみたいなのか、いないものと思ってるのかわからないけど。

今日はお魚にしたんだ。
焼いたお魚とご飯とお味噌汁。

そしたらうまそうにお酒飲んでたよ!

お酒飲んだら少しブシおじいちゃん喋ってくれるんだ。

お仕事の話でわからないけどね!
あそこの“ハリ”がどうだとか言ってたから、“ニードル”?って聞いたら違うっぽかった。

日本語難しいね!

じゃあママおやすみなさい。
また明日ね!

ママ愛してるよ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク